アコムカードローン審査 限度額や増額方法は?

アコムカードローン審査 限度額や増額方法は?

 

アコムカードローンは限度額の増額が可能です。

 

増額するためには新規申し込み同様に審査がありますので、希望すれば簡単に限度額を上げてもらえるわけではありません。

 

今回はアコムカードローンの限度額と増額方法について解説していきたいと思います。

 

 

 

アコムカードローンの限度額を増額したいと思っている方、案外多いのではないでしょうか?

 

消費者金融からの借入は年収の3分の1までと言う規制があるため、初回の利用限度額はどうしても少なめに設定されることが多いです。

 

もちろん最終的な限度額は審査で決定されますが、総量規制によるところも大きいといえます。

 

またアコムは無担保無保証ですから、お金を貸す側にとってリスクが大きいため限度額が少なめになることも大きな要因と言えます。

 

初回の限度額は人によって違いますが、大体10万円〜20万円前後で設定される人が多いようです。

 

 

 

利用限度額は一度設定されると二度と変わらない、という訳ではありません。

 

上限金額をあげることも出来ますので、増額を検討してみるのも良いでしょう。

 

但し限度額を増やすにも審査を通過しなければいけませんので、簡単にとはいきません。

 

 

 

アコムでは半年に1度のペースで顧客の利用限度額を増額するかどうかの審査を行っています。

 

これはアコムに限らず恐らく多くの金融業者も同じ様に定期的な審査を行っているでしょう。

 

この増額審査は顧客が増額を希望しているかどうかに関係なく行われます。

 

 

審査で合格するとアコムから増額の案内が届きます。

 

もしアコムカードローンを1年以上利用しているのに案内が来ない場合は増額の審査に落ちている可能性が高いです。

 

 

 

アコムの増額審査で主にチェックされる項目は信用情報、返済実績、個人情報の3つです。

 

それぞれの項目を審査して点数をつけて結果基準を満たしていなければ増額は見送りとなります。

 

 

 

新規申し込みでもそうですが増額審査でも信用情報は特に重要な項目です。

 

他の項目で問題なくても信用情報に問題があるとなれば、それだけ審査に通らない可能性は高くなります。

 

信用情報を見ることで、顧客の他社借入状況や延滞がないかなどが丸わかりです。

 

 

 

クレジットカードやキャッシングの利用において返済で何か問題を起こすと、信用情報には事故情報が記録されます。

 

具体的には返済の延滞、債務整理、強制解約、代位弁済等です。

 

事故情報は最低でも5年、長ければ10年もの間記録として残ってしまいます。

 

 

 

既に他社借り入れがある場合も増額審査に通るのは難しくなります。

 

またその借入先が消費者金融など総量規制の対象となると尚更です。

 

例えば年収300万円の人がA社から70万円借り入れていて、アコムから30万円借り入れしている場合は増額審査には通りません。

 

既に総量規制で定める上限を達しているからです。

 

この場合は他社借入金額を減らさない限りは増額審査に通ることはないです。

 

また総量規制の上限に達していなくても、他社借り入れがあるという事は増額すると返済負担が大きくなります。

 

ですから他社借り入れがある場合は単純に審査は厳しくなると思ったほうが良いでしょう。

 

 

 

 

アコムの増額は案内が来ない場合でも自分から申込むことで審査を受けることも出来ます。

 

但し、契約から一定期間以上経過していないと審査に通るのは厳しいです。

 

目安としては契約から半年以上の利用実績があることです。

 

半年未満ですと審査に通るのは難しいです。

 

 

 

またその期間内で一度も延滞していないことが条件となります。

 

もし一度でも延滞すれば審査には通らないと思ったほうが良いです。

 

 

 

増額のペースは10万円ごとが基本となります。

 

いきなり30万円や50万円も上げてもらうことは殆どありません。

 

少額ずつ上げていき、収入証明書の提出が必要となる50万円までいくと、そこから増額はペースダウンする傾向にあります。

 

以降は増額審査がより厳しくなります。

 

 

 

増額審査の申込みはアコムのコールセンターに電話をして行います。

 

土日は増額審査を行っていませんので注意しましょう。